20191029 NTTドコモの「FOMA」と「iモード」が2026年3月31日にサービス終了

ドコモのガラケーサービスが2026年3月31日と決まった。 23年間、ドコモのガラケーを使っている身としてはとても残念やな。 丈夫で格安、レトロなパカパカ画面、最高やのに。 スマホについては、まったく興味が無いが、ガラケーサービスが終了したらスマホに移行せざるを得ない。 あと6年と数か月、使用中のガラケーが壊れない限り、ガラケー一筋で頑張ってやる!

続きを読む

20191017 上位機の撮影性能を受け継ぐ「OM-D E-M5 Mark III」発売決定

今所有するOM-D E-M5 Mark Ⅱ発売から4年9ヶ月の時を経て、OM-D E-M5 Mark IIIが11月に新発売される。 販売価格は、ボディ単体が税込16万2,800円の見込み。 ちなみに上位機のOM-D E-M1 Mark Ⅱ(2016年12月22日発売) は、最安値で15万4,499円と、ややお得となっている。 性能面では、上位機に肉薄した申し分ない性能を有している。 (…

続きを読む

20191011 ポンコツ人生

春先から断続的に続いていた体調不良の原因が分かった。 命を取られるような病巣ではないが、来月手術入院で除去することになった。 手術入院は今回が初めてではなく、24才、33才、43才、51才と病気やケガで経験してきた。 さすがに、50代はもう無いだろうと油断していたら、24才の時の病気が再発してしまった。 病気とケガに悩ませられ続けてきた我人生、ポンコツの極みなり。 来年の春…

続きを読む

20191010 リンドウ探検隊

8日前に観察した個体は見ごろを過ぎていたため、新たなフレッシュなリンドウを探してみました。 それぞれ人があまり訪れない場所で、綺麗に咲いていました。 こちらは、青色が濃くとても鮮やかな個体でした。 そして、最後の最後に花びらの数がなななんと7枚のリンドウを見つけることが出来ました。 驚きのあまり、思わず小躍りしてしまいました。 (20191010) …

続きを読む

20191010 高原の花々(10)

2019年の高原の花々巡り、無事に10回目でフィナーレを迎えることが出来ました。 今年もリンドウとホソバノツルリンドウを再度観察出来て、とても満足しています。 まずは、その他の花々から。 (マツムシソウ) まだ、名残惜しそうに咲いていました。 (キンミズヒキ) キンミズヒキの草紅葉です。 見事に真っ赤。 (シロバナノタチツボスミレ) 今年6月に初見出来た…

続きを読む

20191002 ホソバノツルリンドウ探検隊

リンドウが咲く頃、ホソバノツルリンドウが、毎年ほぼ決まった場所に咲き始めます。 今年は、前回訪問時に発芽間もない状態のホソバノツルリンドウを確認済みだったので、見つけることは容易でしたが、何回見てもドキドキワクワクさせてくれる花です。 花は、雨風にさらされる事が無かったのか、非常に良い状態をキープ出来ていました。 (20191002) …

続きを読む

20191002 リンドウ探検隊

今年もリンドウが、あちこちでひっそりと咲き始めていました。 秋の高原のフィナーレを飾る花です。 リンドウの花びらの数は5枚から6枚とされているようですが、6枚は数少ないです。 いつも四つ葉のクローバーを探す感じで探していますが、今年は1つ見つけることが出来ました。 (花びら6枚のリンドウ) (花びら5枚の普通のリンドウ) (201910…

続きを読む

20191002 高原の花々(9)

12日ぶり、今シーズン9回目の高原訪問です。 今年の高原は、どうやら秋の訪れが遅れているようで、カラマツ等の木々の紅葉は始まっていませんが、足元には秋の到来を感じさせてくれる花々の果実や草紅葉(くさもみじ)が待っていてくれました。 まずは、初見初撮りのフユノハナワラビから。 (フユノハナワラビ)<151種類目> 黄色い花のように見えるのが、胞子葉と呼ばれる胞子を包んだ胞子嚢(のう)をたく…

続きを読む

20191001 社会の批判が相当強そうやね関電

「森山元助役が30年以上にわたって関電が100%出資する子会社「関電プラント」の顧問を務めていたことが分かった。この関電プラントは、原発などの設備工事や定期点検を請け負っているため、森山元助役は、仕事を発注する関電側と仕事を請け負う建設会社の両方にかかわっていたことになり、利益相反となる可能性があると疑われている。」との報道があった。 会長以下の関電幹部20名が資金還流と疑われてもしかたな…

続きを読む